Exness

エクスネスのメンテナンスについて解説!トレーダーにどう影響するのか

このページでは最新のエクスネスのメンテナンスの傾向やメンテナンス中にどうなるのかを解説します。

エクスネスのメンテナンスは2ヶ月に1回くらいのペースで土曜日に実行されることが多かった。

結論:いうて世界トップクラスの大規模ブローカーなうえ、メンテナンスは事前に告知もされるので気にする必要はないです。

……しかし過去には土曜のメンテナンス中に(仮想通貨CFDの)取引ができなかったこともあったので、そのことも合わせて解説します。

エクスネスのメンテナンス | 事前に通知あり

これまでエクスネスのメンテナンスが入ることが多かったのは土曜日です。

最近の傾向として入出金の決済手段ごとにメンテナンスが入ることが多くなっています。

メンテナンスのタイミングはトレーダーのサーバー番号によって異なる場合があります。

メンテナンス中はどうなるか

サイト全体のメンテナンス中は、ログインしても「本取引口座をお持ちでありません」と表示されてしまったり、残高が反映されていなかったこともありましたが、2、3時間後にメンテナンスが完了すればすべて正常に戻っていました。

メンテナンス中に取引はどうなるか

普段、土日もエクスネスのMT4(MT5)アプリの気配値を見てみると仮想通貨ペアが動いていることがわかるはずです。しかしエクスネスのサーバーのメンテナンス時にトレードできなかった前例あり。

メンテナンスは事前に告示されますが、メンテナンス当日トレードできなかったのは2年ほど前の土曜日の夕方の2〜3時間ほどでした。現在はメンテナンスにトレードできなくなることはまれです。

メンテナンスで使えなくなることが多いのは入出金

エクスネスは土日も入出金ができますが、メンテナンスによって一時的に使えなくなることが多いのは「入出金」です。

メンテナンスの前に「お知らせ」あり

影響の大きいメンテナンスはエクスネスにログインしたパーソナルエリアの通知欄に事前にメンテナンス予定が表示されます。

メンテナンス前にはエクスネスからメールも届きます。

表示されている時間はGMT(グリニッジ標準時)であって日本時間ではないことに注意。この時間に9時間を足せば日本時間になります。

メールにはそのときのメンテナンス中に使うことのできないサービスが記載されます。

例えば「入出金」と記載されていればメンテナンス中は入出金ができなくなります。この場合、日中の仮想通貨トレードは問題なくできます。

 

「取引サービスは利用できなくなります」と記載があれば、その間トレードはできなくなります。

短い時間ではありますが仮想通貨の保有ポジションに注意!

メンテナンスの頻度は2ヶ月に1回ほど

私はエクスネスが上陸したときから使っていますが、エクスネスのメンテナンスの頻度は過去2ヶ月に1度くらいです。

緊急のときは2週連続の場合もありますが。エクスネスに注目が集まるにつれサービス拡充のためにメンテナンスは増えていった印象はあります。

エクスネスのメンテナンスは土曜日に入ることが多く、メンテナンスは事前の告知時間より早くに完了することがほとんどで実際は2〜3時間ほどで完了します。

メンテナンスに向けて準備する

やはりメンテナンスの怖いところは、それがメンテナンス中だとわからなかった場合にページが正常に表示されなかったりして焦ってしまうことだと思います(海外ブローカーならなおさら)

メンテナンス日程は事前に知らせてくれるので、これを意識するだけで問題はないはず。土日のメンテナンスは国内外どこの証券会社にも起こりうることです。

トレード面では仮想通貨のデイトレーダーのみメンテナンス時間に注意すること。

入金方法(とくに銀行振込)ごとのメンテが多くなった

2024年度のエクスネスのメンテナンスの傾向として、当初のサイト全体のメンテナンスが入るというより、入出金方法ごとにちょくちょくメンテナンスが入ることが多くなっています。ひとつの入出金方法が一時的に停止になるという感じです。

とくに銀行振込にメンテナンスが入ることが多く、長くて3、4日ほど使えなくなることもある。

普段使っている入金方法が停止となった場合、時間をおいてみるか、代替の入金方法を選ぶしかない状況となっています。