海外FX業者について

スリートレーダーの口座開設方法!本人確認書類は1枚だけで済む

スリートレーダーはEA(自動売買)を使うトレーダーに一番といえるほどオススメできる海外FXブローカーだと思っています。

スリートレーダーの口座開設は、住所の入力は日本語でOK

書類のアップロードは免許証ひとつだけで簡単開設できます。住所確認書類はいりません。

スリートレーダーの口座開設方法

スリートレーダー公式サインアップをクリック。(アフィリエイトリンクではありません)

スリートレーダーのサインアップ

個人情報の入力

氏名、メールアドレス、電話番号を入力し、パスワードを決めます。

スリートレーダーに個人情報を入力

携帯電話番号は国番号の後、最初の0を除いて入力(090ではなく90にする)

メールが届いたあと、メールアドレスとパスワードでスリートレーダーにログイン

追加情報の入力

初期ログインしたら、生年月日、住所を入力していきます。

スリートレーダーに追加情報を入力

住所の入力は日本語でOK、都道府県と市町村はフォーム一覧から選択できるようになっています。

後に提出する本人確認書類の住所を入力すること。

郵便番号はハイフンなしでいいです。

ログインしたら、この時点ではほかのメニューのどこをクリックしても「ライブ口座を開設」ページになるので進めていくだけ。

このページで [ 戻る ] をクリックした場合のみ、氏名、ミドルネーム、電話番号を変更できます。

口座設定

口座の種類、口座通貨、最大レバレッジ、口座パスワードを設定します。

スリートレーダーの口座設定を選択

【口座の種類について】

口座の種類(口座タイプ)はRawとPureがありますが、Rawのほうが取引コストが安いです。

しかしRawの利用は通常10万円以上の入金が必要なので、10万円以上の入金ができるならRaw、10万円未満ならPureとなります。

このページでクライアント規約などのPDF書類がリンクされていますが、クリックするとブラウザの新しいタブではなく、このタブのまま推移してしまうことに注意。

必要事項を入力したら

 次へ  を押して本人確認へ。

本人確認書類1点を提出

スリートレーダーに本人確認書類をアップロード

本人確認書類をアップロードします。運転免許証などのカードタイプの1枚だけで済みます。

アップロードをクリックして写真のファイルを選択するかドラッグアンドドロップします。

スリートレーダーに本人確認書類をアップロードする

スマホカメラで書類の写真を撮っておき、そのままスマホからの操作がやりやすいです。

 提出する  を押したあとは待機時間となります。

本人確認書類の受理を待つ

スリートレーダーの書類審査を待つ

提出した本人確認書類の審査が完了するまで少し時間がかかります。

通常は翌営業日までに、土日の場合は月曜日のお昼頃までに完了メールが届きます。

待っている間、入金もできず、何もすることはありません。

デモ口座は作ることができます。また、スリートレーダーでリアルトレードするたびにもらえるポイントを交換できるポイントストアを見れるようになっています。

取引口座が表示される

書類が受理されれば、スリートレーダーのマイページに取引口座が表示されます。

キャンペーン適用の場合を除き、Raw口座を有効化するためには10万円以上の入金が必要です。

スリートレーダーに表示された取引口座

入金(あるいはデモ口座を作成)した後、スマホやPCにインストールしたMT4アプリを起動し、MT4口座番号と口座パスワード、スリートレーダーのサーバーを入力して取引口座にログインします。