Exness

エクスネス入金のおすすめはコレ!Exnessへの入金手段をオススメ順に解説

Exnessの入金方法をおすすめ順に記載し、それぞれの入金方法のメリット・デメリットを解説していきます。

このページを見れば、トレーダーのタイプごとにExnessの入金方法の選び方がわかるようになっています。

エクスネスへの入金のおすすめ順

入金手段オススメ3選

  1. オンラインウォレット(とくにBitwallet)
  2. 銀行送金
  3. 仮想通貨(ビットコイン、テザー)

オンラインウォレット | 即時の反映

海外FXの入出金は代表的なオンラインウォレットである Bitwallet か SticPay の利用がおすすめです。

オンラインウォレットはExnessの入金方法では「電子マネー」というカテゴリ名となっています。

 Exnessの上陸当時から、入出金はBitwalletが使いやすく、資金は即時に反映され、1回における入出金の限度額も大きいです。

ただし昔から使っているトレーダーだからBitwalletが使いやすく思っているだけであって、新しいユーザーであるとExnessに他の入金手段が増えた今は無理して使う必要はないかもしれません↓

Bitwalletをはじめとしたオンラインウォレットのデメリットとしては、そのためにウォレットのアカウントを開設しなければならないこと(本人確認あり)

昔から海外FXの入出金にBitwalletを利用している人でないと必要性が感じづらく、

初回はBitwalletに残高を反映させるためBitwalletに対して入金しなければいけないことがデメリットとなります。

Bitwalletから銀行まで資金を戻すことを考えると手数料がかかりますが、オンラインウォレットのなかではBitwalletの手数料は安いほう。

オンラインウォレットに登録したメールアドレスとExnessに登録したメールアドレスが違っていても入金は可能ですが認証に時間がかかることあり。

オンラインウォレットにも理由なく大きな資金を入れっぱなしにしないようにしましょう。

ウォレット側も一企業であって何が起こるかわからないので、念のために動かすお金だけを入れておくこと。

銀行入金 | 反映は即時ではないが

銀行振込は国内の銀行から入金できるので使いやすいですが、

オフライン銀行振込は1回における入金限度額が低くおさえられていること(4,250ドル)と、資金の反映に少しだけ時間がかかります。

最近ではメンテナンス中となって数日ほど銀行入金が使えなくなることも多い。

それでも銀行への出金速度は最短で当日中と早くなって改善してきています。

Exnessの振込先銀行は変更される可能性があるので、その都度確認しましょう。

海外FXでは国際銀行送金(電信送金)となると、より時間と銀行側で発生する手数料がかかります。

出金の際には銀行情報を入力するのにも少々手間がかかります。

ビットコイン・テザーなど仮想通貨による入金

仮想通貨はこれから未来のことを考えるとトレーダーにとって便利な入金手段となります。

BTC(ビットコイン)USDT(テザー)USDC(USDコイン)が使えます。

USDTとUSDCはERC20TRC20の両方のネットワークに対応。

Binanceのアプリから利用できるBinance Payにも対応しました。

ビットコイン入金は便利な手段となりますが、一応デメリットとして、

  • 仮想通貨の送金に慣れている人じゃないと使いづらい点。

入金先アドレスやテザーネットワークを間違えないように注意すること!

  • 仮想通貨の送金はネットワークの混雑状況によって資金の反映が遅く、トランザクションフィー(送金手数料)もかかります。

クレジットカード入金 | 入金できないことあり……

SNS上ではカード入金しているトレーダーも意外と多い印象ですが、カード入金の制限は(カード会社側で)かなり厳しくなっていくと予想しています。

カードの入出金としてはデメリットは多く、現にほとんどのカード入金がはじかれてしまうこと。

出金がキャンセル処理というかたちになるので、カードの出金は返金タイミングが予想できないことがあります。

エクスネスのおすすめの入金方法まとめ

個人的に入出金のおすすめはオンラインウォレット(Bitwallet か SticPay)です。

Bitwalletは個人アカウントだけでなく法人アカウントも開設できるので、FXブローカーの法人口座と合わせて上級者まで使えます。

ただしオンラインウォレットも何が起こるかわからないので、動かす予定のないお金はウォレットからご自身の銀行に戻しておくようにしましょう。

私が一番避けている方法はクレジットカード・デビットカードで、海外FXではカード入金のトラブルが一番多いと感じます(ほとんどの場合でFXブローカー側の不手際ではない)。

カード入金では利益分は別の方法での出金となるうえ、返金処理のタイミングもバラバラとなってしまい、おそろしいことにデビットカード入金はタイミングによって2重で引き落とされることもあるという(のちに返金される)

カード入金の制限は厳しくなる一方で、この制限は緩まることはないと予想されます。

初期の頃からExnessではオンラインウォレット(Bitwallet か SticPay)が便利であってオンラインウォレットの入出金は即時で自動処理されます。

……それでも多くの方にとって使いやすいのは銀行送金だと思います。海外FXブローカーを複数利用しない場合やBitwalletの開設をするまでもないトレーダーは銀行となる。

入金にビットコインを選択することによってExness内にビットコインウォレットをつくることもできるので、次世代の仮想通貨トレーダーにとってもExnessは使いやすくなっています。

Exnessの入出金まわりのアップデートは続いており、USDTとUSDC(←法定通貨の値動きに固定されたステーブルコインと呼ばれる仮想通貨)、Binance Payにも対応してきています。